太陽光発電故障レスキュー依頼

はじめに

低圧太陽光発電発電所でPCS7のストリング3とストリング4が発電していない、自力で解決できないで困っています、高度の測定機器と技術力をお持ちの点検業者さんお願いします

誰かタスケテー

故障個所を特定出来ました(7月15日)、お騒がせして申し訳ありませんでした

御見積頂きました業者様、メールでアドバイス頂きました方々には順次メールを差し上げております

修理したけど治らなかったではシャレにならないので修理が済み次第、故障個所を特定した経緯と修理結果を記載させていただきます

太陽光発電発電所の概要

パネル
カナディアンCS6P-255P 255w×224 枚
パワコン
オムロン KP55M-J4 4ストリング 8 台

パワコン1台当たり 255w×7直列×4ストリング=7140w

設置場所
石川県羽咋郡宝達志水町柳瀬ソ-42-1
売電開始日
2014/07/31
ストリングマップ
あり パネル配置図pdf

太陽光発電発電所の故障の状況

遠隔監視での状況
太陽光発電遠隔監視での1日発電量のグラフ
PCS7(凡例のピンク色)だけが他のパワコンより半分程度しか発電していない
PCS7の4ストリングの直流電流
ストリング15A
ストリング25A
ストリング30A
ストリング40A

中国製の直流クランプメータで測定精度はさだかでない、かつ再現性に乏しい

なお直流電流はパワコンのカバーを外さなくても簡単に測れるよう、パワコン入口に露出させてある

ストリング3、4が故障していると思える

発電量も約半分である事と付合する

PCS7の4ストリングの解放電圧
ストリング1230V
ストリング2230V
ストリング3230V
ストリング4175V

ストリング入力ブレーカすべてONの時の発電量を確認し、ストリング3のブレーカー落としてみた

発電量に変化なし、4を落としても変化なし、2を落としたら半減する

やはり、ストリング3,、4がおかしい事は決定的である

故障しているのはパワコンかPVか?
  • ストリング4の場合
    解放電圧が落ちているのでPV4の個々のパネルの解放電圧を測定すればどのパネルか特定できると思い、次の日、後述の検査を行ったが原因不明
  • ストリング3の場合
    パワコンかPVか?不明です、そこで正常な2の直流入力ケーブルを外し、異常な3に接続しました、発電量は今までと変わりません
  • パワコンのストリング3は正常なようです
    PV3の配線かパネルに不具合がありそうです
PV4の個々のパネルの解放電圧と絶縁抵抗
パネル解放電圧絶縁抵抗+絶縁抵抗ー
パネル132.36V13.5MO.L
パネル230.40V12.9MO.L
パネル332.51V13.5MO.L
パネル432.46V10.0MO.L
パネル531.30V14.5MO.L
パネル632.85V12.0MO.L
パネル732.67V11.0MO.L
  • 個々のパネルの解放電圧に特に異常は見当たらない
  • 個々のパネルの絶縁抵抗に特に異常は見当たらない
  • コネクターのピンが壊れているものがあり2個取り換えした
    これが原因と思ったが接続後、ブレーカONにしたが結局、発電していない

レスキュー依頼

設置場所
石川県羽咋郡宝達志水町柳瀬ソ-42-1
依頼内容
  • 上記故障箇所を確実に特定するスポット点検
    御見積をお願い致します
  • 上記故障箇所の特定する方法のアドバイス
    診断する機器、方法をアドバイス願います
レスキュー依頼者
925-0015
住所 石川県羽咋市大川町北新19-3
氏名 国井 陞
TEL 090-1632-8894
メール ご連絡フォーム

レスキュー依頼の趣旨

売電損失金額と修理費用の検討
  • 正常時の年間売電額は250万円、パワコン8台で32ストリングの内2ストリングが発電していないので売電損失金額は15.6万円/年となる
  • 高額な測定機器・点検費用・修理費用をかけるより、放置すると言う選択肢もありかなとも思う
  • あるいは難しい事を考ないでパネル14枚あるいはパワコンを購入し、そっくり入れ替えると言う選択肢も?
  • 地方では高度な点検機器と専門知識を持つ点検業者さんを見つけづらく、かつ割高になります
将来を考えると
  • 20年間を考えるとこんなのがまたいっぱい出て来たらどうしよう?
  • 前述の選択肢はどう見ても何かがおかしい、再生エネルギーの趣旨にも反する
  • やっぱり費用をかけてでも、本当の技術力を持つ点検業者さんを見つけたい
  • 同様の悩みを持つ方も多いと思います、情報交換をして頂けませんか、連絡は上記のご連絡フォームあるいは電話でお願いします
  • これからも再生エネルギーを通じてわずかながらでも社会貢献をしたいと思います
ページのトップへ戻る